オーダーカーテン 東リ プラスボヌール KTB2349〜2350 フラット縫製 幅78cm〜174cm×丈181cm〜200cm rs5471〜rs5476 1.5倍ヒダ KSA1110期間限定割引

オーダーカーテン 東リ プラスボヌール KTB2349〜2350 フラット縫製 幅78cm〜174cm×丈181cm〜200cm rs5471〜rs5476 1.5倍ヒダ KSA1110新作大割引

費用を立て替えてくれる「法テラス」とは?

経済的に余裕がなくてや司法書士に法律相談ができなかったり タチカワ ブラインド フォレティアエグゼ50 アクア 幅201cm〜220cm×丈101cm〜120cm、依頼するための費用が準備できないために債務整理を躊躇している人も多いでしょう。また、誰に相談すれば良いか分からないということもあるでしょう。このような場合には法テラスに相談することをおすすめします。

では、なぜ法テラスがおすすめなのでしょうか?今回はその理由を紹介したいと思います。

法テラス
http://www.houterasu.or.jp/

オーダーカーテン 東リ プラスボヌール KTB2349〜2350 フラット縫製 幅78cm〜174cm×丈181cm〜200cm rs5471〜rs5476 1.5倍ヒダ KSA1110買取専門店

法テラス(日本司法支援センター)は「刑事・民事を問わず、国民のみなさまがどこでも法的なトラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられるようにしよう」という考えのもとに、2006年に法務省の管轄で設立された公的な機関です。

基本的に各都道府県の県庁所在地に必ず1ヶ所は地方事務所が設置されており、他にも出張所や支部、法律事務所などが各地に数多く存在しているので、あなたのお住まいの近くでも法テラスが見つかるでしょう。

経済的に余裕がない人の味方

法テラスでは法律に関連する様々な業務を行っていますが、その中でも注目すべきは「民事法律扶助業務」でしょう。

この民事法律扶助業務は、法的なトラブルに遭ってもに相談や依頼する費用がなく、経済的に余裕がない人に向けた業務で、無料で法律相談を受けたり、や司法書士の費用を立て替えを行っています。

特に借金問題の場合は、や司法書士に相談・依頼したくてもお金に余裕がないことがほとんどなので、法テラスの利用はとても有用な手段となります。

法テラスのその他の業務

法テラスでは民事法律扶助業務の他にも主に4つの業務を行っています。

①情報提供業務

この業務では 四つ折り天然木スクリーンLB 40697・ブラウン、法的トラブルに遭遇したが、どうしていいか分からない、どこに相談するべきなのか分からない アコーディオン カーテン 間仕切り ニチベイ やまなみマーク2 クレール 幅 54〜90cmX高さ 221cm〜240cmまで アコーディオン カーテン 間仕切り ニチベイ やまなみマーク2 バイアス・バーク 幅 91〜125cmX高さ 261cm〜280cmまで、という人の問い合わせに対して、法制度に関する情報の提供や、会や司法書士会などの相談窓口を紹介するなどの情報提供を無料で行っています。

利用者からの問い合わせに対応するのは、や司法書士ではなく専門のオペレーターとなりますので、この時点で問題が解決することなく、あくまでもこれからどうしたらいいのかを道案内をしてくれる業務です。

この後にや司法書士に具体的に相談していくことになります。

②国選弁護等関連業務

国選弁護人や国選付添人になろうとすると契約し、このようなを国選弁護人や国選付添人の候補として指名、裁判所へ通知、そして、国選弁護人と国選付添人の費用や報酬の支払いなどを行っています。

③司法過疎対策業務

近くに法律相談できる所がないような司法過疎地域に法テラスの地域事務所を設置するなどの業務を行っています。

④犯罪者支援業務

犯罪者支援業務では犯罪者支援を行っている機関などと連携して、相談者が必要な支援ごとに、最適な相談窓口を紹介しています。

利用の流れ

ここでは法テラスを利用する際の流れについて解説していきます。
簡単な流れは以下の通りです。

問い合わせる
・相談窓口などを紹介してもらう
・無料相談を希望する場合は条件を満たすか確認してもらう
・条件を満たせば無料相談の予約へ

無料相談
・無料相談を担当したに依頼すると決めたら、立て替えて制度を利用したいことを伝える

費用を立て替えてもらう
・立て替えて制度を利用するには審査がある

費用を返済する
・立て替えて制度の利用後は立て替えてもらった費用を返済する

手順①:問い合わせる

まずはお近くの法テラスへ電話もしくは窓口に行って、どのようにすれば法的トラブルが解消されるのかを問い合わせ、各種の相談窓口を紹介してもらいます。

(※ここでは専門のオペレーターが対応しますので、

、や司法書士のように法的な判断を行い解決策をアドバイスする法律相談とは異なります。)

もし、お金のことを気にして法律相談に行けない場合は、法テラスの無料相談を利用したい旨を伝えておきましょう。

無料相談や費用の立替制度は経済的に余裕がない人のために行っていますので、一定の基準を満たさなければ受け付けてもらえません。電話で問い合わせた時に条件を満たすかどうかを口頭で確認してもらえます。

条件を満たしていれば、無料相談の予約へと進みます。

手順②:無料相談

無料の法律相談にのってくれるのは法テラスと契約しているや司法書士です。1回の相談時間は30分で、1つの問題について3回まで無料で相談可能です。

無料相談を受けるための条件は以下の2つです。

・収入等が一定額以下であること
・民事法律扶助の趣旨に適すること

詳しくは後述しますが、一人暮らしの場合は手取りの収入が18万2000円を超えると無料相談を受けることができません。2つ目の条件は普通は当てはまることはないので、あまり気にする必要はないでしょう。

手順③:立て替えて制度

無料相談を担当した(司法書士)に依頼することに決めたら 、審査を受け、条件をクリアできたら費用を立て替えてもらえます。

立て替え制度を利用するための条件は以下の3つです。

条件①:収入等が一定額以下であること
条件②:勝訴の見込みがないとは言えないこと
条件③:民事法律扶助の趣旨に適すること

①と③に関しては無料相談を受けるときの条件と同じです。②に関してですが、自己破産の場合は免責の見込みがあるかどうかです。

条件①の詳しい内容は後述しています。

手順④:費用を返済する

費用を立て替えてもらったら、その費用を返済しなければなりませんが、返済は一括ではなく分割になります。毎月の返済金額や期間は法テラスの審査により決定されます。概ね、月額5,000円~10,000円程度の返済で、3年以内に返済が終わるように設定されます。

返済の開始は原則として契約してから2ヶ月後からで、基本的にゆうちょ銀行の口座から引き落とし、または自動払込みの方法で支払います。

法テラスで立て替えてもらえる費用

経済的に余裕がなくに相談や依頼ができない場合は、法テラスの立て替えて制度を利用して、費用を立て替えてもらうことができます。

法テラスに立て替えてもらえるのは費用のうち、「実費」と「着手金」の2つです。事件の結果に応じて支払う報酬金は立て替えられません。

実費には印紙代や予納郵券が含まれ、自己破産では一律23,000円が立て替えられます。着手金は債権者数によって立て替えられる金額が異なります。

【自己破産】着手金の立て替え金額

債権者数立て替えて金額
1~10社129,600円
11~20社151,200円
21社以上183,600円

ちなみに、生活保護受給者は実費と着手金に加え、管財事件となった場合に裁判所に支払う予納金や官報公告費用も立て替えてもらうことができます。

立て替え制度を利用するための条件

上の「利用の流れ」でも触れましたが、立て替え制度を利用するためには3つの要件を満たす必要があります。

(1)収入等が一定額以下であること

立て替え制度はお金に困っている人のため制度なので、手取りの月収が一定以下でなければ利用することができません。配偶者がいる場合は配偶者の手取り月収も合算した金額が基準を下回る必要があります。また、基準額は家族の人数によって異なります。

収入要件

家族の人数手取月収額の基準家賃又は住宅ローンを負担している場合に
加算できる限度額
単身者18万2,000円以下4万1,000円以下
2人25万1,000円以下5万3,000円以下
3人27万2,000円以下6万6,000円以下
4人29万9,000円以下7万1,000円以下

東京や大阪など生活保護一級地の場合は基準額の10%を加算した額が基準額となります。

また、資産要件もあり、不動産や有価証券を持っている場合は現金、預貯金との合計が下の基準額を下回る必要がありますので注意してください。ここでも配偶者の資産を合算します。

資産要件

家族の人数資産合計金額
1人180万円以下
2人250万円以下
3人270万円以下
4人300万円以下

自己破産の場合、資産要件の基準額を下回っていたとしても、ある程度資産を持っているのであれば、立て替え制度を利用しない方が有利なケースもあります。なので、資産がある人はにその点もしっかりと相談する必要があるでしょう。

(2)勝訴の見込みがないとは言えないこと

自己破産の場合は目的が勝訴ではなく免責となるので アコーディオンスクリーン AA-188 AA-188、「免責の見込みがないとは言えない」場合には要件を満たすことができます。

(3)民事法律扶助の趣旨に適すること

法テラスの立て替え制度の仕組みを理解していれば全く問題ないですが、ハナから返済の意志がない場合や、破産に該当するような場合には、この趣旨に反すると判断されます。

以上の3つ要件を満たすと審査をクリアしたことになり、費用を立て替えてもらえます。

立て替え制度は法テラスの契約じゃないと使えない?

法テラスから紹介されたではなく、自分で探したに相談して自己破産の代理人を依頼するときに法テラスから費用を立て替えもらえるかということですが、自己破産の場合は立て替えてもらうことが可能です。

基本的に法テラスで立て替え制度を利用するには、上で説明した手順のように、法テラスの無料の法律相談を受けてから立て替え制度を利用しなければなりません。しかし、破産手続の申立てに関しては受任予定のが法テラスに代理援助を申し込むことで立て替え制度を利用することができます。

法テラスの存在を知らず、すでにに相談してしまった!という人でも、、現在相談中のに法テラスの立て替え制度を利用したい旨を伝えると良いでしょう。

▼「自己破産」の人気ブログをチェック!

にほんブログ村

こちらの記事も一緒に読まれています!

記事検索

最近の記事

カテゴリ

よく読まれている記事

{yahoojp}xt01-yp01-gui-zd-1221